ベイスに出店して売るためのコツと『メリットやデメリット』を紹介

ベイスに出店して売るためのコツと『メリットやデメリット』を紹介




BASE(ベイス)は誰でも簡単にネットショップが開業できるECサイトです。

しかも出店は無料なので、ネットショップの経験がない初心者の方に向いています。

楽天やアマゾンなどの大手モールは集客力があるので売れやすいですが、「出品作業が複雑」「契約が面倒くさい」と言うデメリットがあるので、まずはBASE(ベイス)を利用して経験を積むのがおすすめです。

BASE(ベイス)はすぐにショップが開設でき、しかも誰でも簡単に出品することができます。

中学生でもすぐ出店できるくらい簡単なので、なにも迷うことなくショップの開設ができますよ。

⇒ベイスの出店はこちら

この記事では、BASE(ベイス)出店のメリットやデメリット、出店してから売るためのコツを書いてあります。

僕は12年間ネットショップの運営(楽天・アマゾン・ヤフーショッピング・Wowmwa・ポンパレモール・自社サイト)をしてきました。

その経験を元に、売るためのコツを書きましたのでぜひ参考にしてください。


BASE(ベイス)出店のデメリットをカバーして売る1つのポイント!

BASE(ベイス)出店のデメリットをカバーして売る1つのポイント!

BASE(ベイス)のデメリットは集客力の弱さです。

楽天やアマゾンなどの大手通販モールは、TVCMなどの広告を打ってるのでBASE(ベイス)より集客力はあります。

いかにして集客を増やすかがベイスで成功するためのポイントで、この集客がうまくできればBASE(ベイス)でも驚くほど売れるようになります。

集客の方法は?

集客はブログやSNS(ツイッターやインスタ)を使って行います。

「今更やって効果あるの?」と思うかもしれませんが、ブログやSNSを真剣にやってる会社はそんなに多くないです。

出品や配送に忙しくブログやSNSを疎かにしている会社が多いので、今からでも十分間に合います。

しかもBASE(ベイス)にはInstagram(インスタグラム)と連携した集客機能が備わっています。

インスタで自身の商品を掲載、見た人が写真をタップすれば購入できる仕組みとなっているので、わざわざ検索して調べる必要がなくなり購入率が高くなります。

ブログ作成もBASE(ベイス)に出店すれば簡単に行えます。(機能の1つとして無料で使うことが可能)

ブログでは商品作成ストーリーやショップ立ち上げの話、裏話など、購入者が普段知りえないことを配信してファンを増やしていきます。

商品の話ではなく、あなた自身の話でもOKです。面白いと思ってもらえればあなたのファンが商品を購入してくれます。

また、BASE(ベイス)のブログは、キュレーションメディア『BASE Mag.』への掲載もおこなえます。(アクセスUPのためにしっかり活用しましょう!)

このように、ブログやSNSが簡単に使える仕組みがあり、集客する土台が揃っているのはBASE(ベイス)出店のメリットです。

⇒ベイスの機能を公式ページで確認する


BASE(ベイス)出店の様々なメリット

BASE(ベイス)出店の様々なメリット

SNSやブログ機能を使った集客ツールだけでなく、他にも出店するメリットがBASE(ベイス)にはあります。

ザックリとですが簡単に紹介しますのでご覧ください。

1:出店料が無料で販売手数料が安い

出店料が無料と言うのは知ってると思いますが、これはとてつもないメリットです。

固定費が掛からないビジネスは成功するために必用なポイントの1つ。BASE(ベイス)では売れた時にしか手数料が掛かりません。

商品が売れた場合、決算手数料として3.6%+40円、販売手数料として3%、合計6%+40円をベイス側に支払います。

例:1000円の商品が売れた場合、1000円×6%+40円=100円が販売手数料になります。

この手数料は他の大手通販モールに比べとても安いです。楽天やアマゾンだと、なんだかんだで15%~30%くらいの手数料が掛かります。

2:決算方法が充実してる

「BASEかんたん決済」に申し込むと

  • クレジットカード
  • キャリア決済
  • 銀行振込
  • コンビニ決済・Pay-easy
  • 後払い決済

を使うことができます。

ネットショップで売るためには「決算機能が充実してる」と言うのはとても重要で、購入者が利用したい決算方法がないと買われない確率が高くなります。

BASE(ベイス)は決算方法が充実してるので、その点は心配ありません。

3:オリジナルアイテムが作れる

BASE(ベイス)は、Tシャツやスマホケースなどオリジナル商品が簡単に作れます。

在庫を持たなくていいのでリスクはゼロ。出品商品を増やし売上げアップが望めます。

また、デジタルコンテンツの販売(写真・テキスト・音楽データ等)ができるのも他のECサイトにない強みと言えます。

4:配送が簡単なシステムを導入してる

ヤマト運輸と連携していて、送り状の伝票を自分で書く必要がありません。(送り状をコンビニやヤマト営業所の端末で発行しその場で発送できます。)

売れてくると送り状の作成はとても面倒なので、この機能はとても便利です。

5:Googleの広告7,500円分が無料

グーグルで検索した時に上部に出てくる広告7,500円分が無料でもらえます。

検索上位に表示できるので売れる確率が高まります。出店したら絶対に使いましょう。

6:必要な機能がそろっている

無料で出店できますが、機能は十分すぎるほど揃っています。

販売促進に効果的な「メルマガ」や「クーポン」、写真撮影の無料サービスやラッピングキットの用意まで、大手通販モールの機能とほとんど変わりません。

ライブ配信を通じて売買できる「BASEライブ」、資金調達のためにファンからお金を集められる「ショップコイン」など、他のECサイトにはない面白い機能もあります。


まとめ

充実した機能が使えてしかも出店料は無料。簡単な手続きですぐオープンできるのがBASE(ベイス)の強みです。

僕が楽天に出店した時は申込みからオープンまで1ヶ月かかりましたが、ベイスなら数時間後にはオープンできています。

ベイスに出店してる店舗もここ1年で20万店舗くらい増えていて、今は50万店舗を超えました。利用者が増えればそれだけ機能も充実し集客力も増えていくので今後にも期待できます。

BASE(ベイス)の出店は以下の3ステップだけです↓

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 店舗のURL

出店しても損することはないですし、販売する物がなくてもTシャツやスマホケースを作成し売ることも可能です。

ネットショップ初心者が売るために必用な機能は全部そろっているので、試に始めるにはとても良いECサイトだと思います。

⇒ベイスの出店はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)