売れるモールはどこ?ネットショップの集客力や出店費用を比較してみた!

売れるモールはどこ?ネットショップの集客力や出店費用を比較してみた!




楽天・Amazon・ヤフーショッピング・Wowma(ワウマ)・ポンパレモールなど、多くの通販モールがありますが、やみくもに選んで出店すると失敗する確率が高くなります。

僕が運営を任されているネットショップでは、「売れるモール」「売れないモール」がハッキリしており、知り合いの店舗でも「このモールは売れないよね」なんて同じ結果なことが多いので、ある程度売れるモール(集客力が多い)と言うのは決まっているのなだと思います。

ということで、この記事では、どこのモールの集客力が高く売れやすいのか?について詳しく書きました。

出店費用の比較もしているので、コストを考えながら検討してみてください。


集客力の高いモール(ECサイト)はどこ?

集客力の高いモール(ECサイト)はどこ?

冒頭で紹介した

  • 楽天
  • Amazon
  • ヤフーショッピング
  • Wowma(ワウマ)
  • ポンパレモール

5つのモールの集客力がどれくらいなのかを書きましたのでご覧ください。

集客力は断然「楽天」と「アマゾン」が高い!

集客力が強いモールは「楽天」と「アマゾン」です。その次にヤフー・Wowma・ポンパレと続きます。

僕が運営してるネットショップは年商1億くらいですが、楽天が3800万、アマゾンが3200万と、売り上げの7割をしめています。

ちなみにヤフーが1000万、Wowmaが500万、ポンパレが30万、自社サイトが500万です。

僕のお店だけでなく、知り合いのショップやコンサルタントに聞いても、「楽天」と「アマゾン」の売上げが高い店舗が多いですね。

3番目に売れるモールがヤフー、次にWowma・ポンパレと言った順番です。

ちなみに、楽天の月間アクセス数が3億PV、アマゾンが4億PV、ヤフーが7000万PVくらいと言われているので、アクセス数だけみても、楽天とアマゾンが売れるのは納得ですよね。


楽天・Amazon・ヤフー・Wowma・ポンパレモールの出店費用を比較

月額固定費 ロイヤリティー 初期費用
楽天 19,500円 3.5%~7.0% 60,000円
アマゾン 4,900円 8.0%~15% 無料
ヤフー 無料 無料 無料
Wowma 4,800円 4.5%~9.0% 10,000円
ポンパレ 29,800円 2.5% 20,000円

※楽天のみ複数プランがありますが、1番安いプランを比較しています。
※楽天・ヤフー・Wowma・ポンパレは、売れた時にポイントやアフィリエイト成約料・決算手数料などで、5%~8%くらいの手数料がかかります。

出店費用が1番高いのが楽天、1番安いのがヤフーです。毎月の固定費やロイヤリティーも楽天が1番高くなりやすく、ヤフーが1番安いですね。

ですので、費用を掛けたくないならヤフーに出店するのが良いでしょう。ただし、本気で売っていくなら「楽天」と「アマゾン」への出店は必要です。

Wowmaとポンパレに関しては、まずは考えなくていいです。「楽天」「アマゾン」「ヤフー」に出店することを先に検討してください。

Wowmaとポンパレで売れていると言った話は全然聞きません。とくにポンパレは出店して失敗した人が多く、僕の運営してるお店も売れないので撤退しました。

それぞれのモールの特徴

集客力の高いモール(ECサイト)はどこ?

5つのモールの特徴(管理画面の使いやすさ・サポート対応etc)を簡単に書いておきます。

楽天の特徴

楽天はPCとスマホのページ作りをする必要があるので、出品作業以外に時間が取られやすいです。また、PCに関しては簡単なHTMLの知識がないとそれなりのページが作れません。

電話サポートがあるので分からないことは教えてくれますが、出店までに少し時間がかかります。

海外販売に対応したページが作れ、送り状も簡単に印刷できる仕組みが整っているので、海外販売を視野に入れてるなら楽天の出店はおすすめです。

⇒楽天の出店案内はこちら

アマゾンの特徴

アマゾンは基本的には電話サポートがなく、マニュアルを見て出品をしなくてはなりません。(電話することもできるが、電話までの道のりが長い)

アマゾンではショップページと言う概念があまりないので、出品に専念すればOKです。

また、同じ商品が出品されていれば、簡単な作業で出品ができます。

アマゾン最大のメリットは「FBA」が使える点です。FBAとはアマゾンが所有してる倉庫に商品を預けておけば、発送からメールまでアマゾン側が行ってくれます。

FBAは送料がめちゃくちゃやすいですし、FBAにすることでよく売れるようになるので、出店したら検討してみてください。

⇒アマゾンの出店案内はこちら

ヤフーの特徴

管理画面が使いずらく、使い勝手もあまりよくないです。(あとゴチャゴチャしてて分かりずらい)

楽天と同じく店舗ページはPCとモバイルが分かれているので、それぞれ作らなければなりません。また、簡単なHTMLの知識も必要になり、出店までに少し時間はかかるのでしょう。

慣れるまで少しめんどくさいモールです。(電話サポートは付いています。)

⇒ヤフーの出店案内はこちら

Wowma(ワウマ)

スマホページをメインにしており、ショップページを作るのが1番簡単なモールです。HTMLの知識がほぼ0でもキレイなページが作れます。

管理画面の操作も簡単です。

⇒Wowmaの出店案内はこちら

ポンパレモール

管理画面は楽天のほぼパクリですが、簡単に使いやすく調整されています。PCとスマホページを作らなければならないく、HTMLの知識は少し必要です。

ただし、売れないので出店しなくていいです。

⇒ポンパレの出店案内はこちら

どこのモールに出店すべき?

本気で売っていくなら、「楽天」「アマゾン」「ヤフー」のECサイトには出店しましょう!

例えば楽天で月に100万売れれば、アマゾンでも同じくらい売れる可能性が高いですし、ヤフーなら20万くらいの売上げは作れると思います。

ネットショップで成功する秘訣は、とにかくアクセスをサイトに呼び込むことです。

楽天1店舗だけじゃなくアマゾンやヤフーにも出店すれば、それだけアクセス数が多くなるので、必然的に売り上げも増えます。

最初に出店すべきおすすめのモールは?

おすすめなのは、楽天とアマゾンです。

2つのモールは集客力がケタ違いなので、どちらか1つと考えず両方出店することを視野に入れましょう。

ですので、どちらから出店しても良いと思います。

まとめ

集客力が高いモールは「楽天」と「アマゾン」が断トツで、この2つのサイトが売れやすいサイトとなります。

費用面ではヤフーが1番安く、コストを抑えたいならこのモールを選ぶのが良いでしょう。

ネットショップを運営したことがない人だと最初は大変ですが、本腰入れて売っていくなら「楽天」「アマゾン」「ヤフー」の3モールの出店を目指してみてください。

ネットショップ初心者で経験を積みたいなら

まずは簡単に出店できる『BASE(ベイス)』がおすすめです。(無料で出店できます。)

紹介した5つのモールは、出店するまでに1ヶ月くらいの時間がかかりますが、『BASE(ベイス)』は出店までに1日もかからないので、お試しで試してみたい人に向いています。(売れるまで費用はかかりません。)

こちらの記事で詳しく紹介してるので、参考にしてみてください↓

ベイスに出店して売るためのコツと『メリットやデメリット』を紹介

ベイスに出店して売るためのコツと『メリットやデメリット』を紹介

2018年9月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)