モバイルバッテリーならAnker PowerCore 10000を買え!おすすめの理由は3つ!

モバイルバッテリーならAnker PowerCore 10000を買え!おすすめの理由は3つ!




色々なモバイルバッテリーがある中「Anker PowerCore 10000mAh(アンカーパワーコア)」は特におすすめ!

どのモバイルバッテリーが良いのか分からないと言うなら、コレを買っておけばまず間違いないですよ!

その理由は

  1. スマホなら2回~4回充電できる
  2. 軽量&小型で持ち運びしやすい
  3. 価格がリーズナブル

だから。

僕も買って満足してるし、口コミ評価もかなり高い。(アマゾンでは4000件以上の口コミ数で評価は4.5点)

と言うわけで、もう少し詳しく「Anker PowerCore 10000」がおすすめの理由を書いてみました。

↓アマゾンの2,599円が最安値です。(価格は変動してる場合あり)

ACアダプタは別売り。持ってない場合はモバイルバッテリーの充電ができません↓


スマホの充電回数は2回以上はできた方が便利だよ!

スマホの充電回数は2回以上はできた方が便利だよ!

何かと電池を食うスマホ。インスタやツイッター・カメラや動画撮影・ゲームなどなど、充電が減る機会は多いですよね。

「でもそんなに使わないしな」と思うかもしれないが、1回しか充電できないとなるとそれだけモバイルバッテリーを充電する回数も増えて手間だし、旅行中だと調べ事やナビゲートなどで充電が思った以上に減る可能性もある。

今は使わなくても今後使う機会があるかもしれないし、モバイルバッテリーの容量は少し多くあった方が良いにこした事はない。

と言うことでスマホが2回くらいフル充電できる10000mAhのモバイルバッテリーがちょうどいいと思います。

ちなみに、Anker PowerCore 10000mAhでスマホが充電できる回数は大体こんな感じ↓

機種 バッテリー容量(mAh) 充電回数
iPhone 5 1440 4.8回
iPhone 6 1810 3.8回
iPhone 6 Plus 2915 2.4回
iPhone 7 1960 3.5回
iPhone 7 Plus 2900 2.4回
iPhone 8 1821 3.8回
iPhone 8 Plus 2675 2.6回
iPhone X 2716 2.5回
Qua phone QZ 2600 2.6回
HUAWEI nova 2 2950 2.4回
BASIO3 2940 2.4回
Galaxy S7 edge 3600 1.9回
Galaxy S8 3000 2.3回
Galaxy S8+ 3500 2.0回
Galaxy Note8 3300 2.1回
Xperia Z3 3100 2.2回
Xperia Z4 2930 2.4回
Xperia Z5 2900 2.4回
Xperia XZ 2900 2.4回
Xperia XZ1 2700 2.5回
AQUOS U 2700 2.5回
AQUOS SERIE mini 2400 2.9回
AQUOS R 3160 2.2回
AQUOS sense 2700 2.5回
HUAWEI nova 2 2950 2.4回
isai V30+ 3300 2.1回
HTC U11 3000 2.3回
TORQUE G03 2940 2.4回
rafre KYV40 3000 2.3回

iPhoneはバッテリー容量が少ないので3回~4回充電できる機種が多い。(Plusシリーズは除く)。Androidスマホは約2.5回充電できる機種がほとんど。

もし上記で使ってる機種がない場合は、「機種名+バッテリー容量」と検索すればバッテリー容量のmAhが分かります。

Anker PowerCore 10000は、10000mAhのバッテリー容量があるのだが、実際に充電できるのは7割くらいとなり7000mAh分となる。

この7000mAh÷スマホ機種のバッテリー容量(mAh)が充電出来る回数。

ちなみに僕が使っているスマホ(Xperia Z4)で実際に何回充電できるか試してみたところ、上記の表と全く同じく2.4回だった。

2回分は丸々充電できて、最後は45%の充電をしてバッテリー容量が0になった。(2時間20分で1回分の充電が満タンになる。)

ちなみに、タブレットの場合だと約1回分の充電が可能。(機種によってことなるのだが、大体1回は充電できる容量の機種が多い)

あと僕の愛用ミラーレス一眼(a6000)も充電可能だった!(ミラーレス一眼(a6000)は、モバイルバッテリーから充電できるようになっている。)

ミラーレス一眼(a6000)のレビュー

高級コンデジを買う前に見てほしいミラーレス一眼(a6000)のレビュー!

2017年9月26日

軽量&小型で持ち運び安さもおすすめの1つ!

軽量&小型で持ち運び安さもおすすめの1つ!

Anker PowerCore 10000はクレジットカードと大体同じサイズで重さは約180g。単行本やスマホと同じくらいの重さになる。

親指くらいの厚さ(タバコとほぼ同じ)なので、ジーンズのポケットにもスッポリ収まり持ち運びはかなり楽ちん。

もしこれ以上大きい容量のモバイルバッテリーだと、主さは缶ジュースくらいになるし、ポケットにもギリギリ入るか入らないかくらいの大きさなのでちょっと不便。

なのでAnker PowerCore 10000くらいの大きさが、持ち運びに苦もなくてちょうど良いサイズだと思います。


Anker PowerCore 10000の価格はリーズナブル!最安値は?

Anker PowerCore 10000の価格はリーズナブル!最安値は?

アマゾン・楽天・ヤフー・ヨドバシカメラを調べたところ、一番安いのはアマゾンで2,599円(送料無料)!

※価格は変動している可能性あり

他のサイトだと3,000円前後+送料となるお店が多いです。

Anker PowerCore の他の容量サイズの価格は?

5000mAhだと2,000円~2,500円くらいの価格になる。スマホの充電回数は約1.5回くらい。

次に倍の容量がある20000mAhだと約5,000円くらい。スマホの充電は5回くらいできるが、缶ジューズくらいの重さがあるのでちょっと不便ではある。

「別に大きさや重さなんてどうでもいいよ」って人なら20000mAhの物を選んだ方が良いと思います。(容量は多い方が絶対に重宝するはず)

持ち運びなどを考えて選んでみて下さい。

Anker PowerCore 10000に関するQ&A

Anker PowerCore 10000に関するQ&A

Anker PowerCore 10000に関する多い疑問について書いておきます。

モバイルバッテリーの残量は確認できるのか?

モバイルバッテリーの残量は確認できるのか?

青いライトで残り残量が確認できます。

モバイルバッテリー自体の満タンにする充電時間は?

大体4時間~5時間くらい(口コミ調べになります)

出力電流「2.4A」とは?

出力電流とは、どの程度(強さ)で電流を出力できるかの値となり、「1A」「2A」「2.1A」など様々な数値があり、この数値が低いとタブレットなどは充電ができなくなります。

※タブレットの場合は「2A」以上が必要。

Anker PowerCore 10000は「2.4A」と高出力なのでタブレットも充電可能。パソコンは充電できる機種とできない機種が出てきます。

保証期間はある?

万が一壊れても18ヵ月期間なら保証してもらえます。

Anker PowerCore 10000 の使い方

使い方はとてもシンプルで、付属してるケーブルを差すだけ。

モバイルバッテリー本体には、2つの際し込み口があります↓

Anker PowerCore 10000 の使い方

スマホを充電↓

Anker PowerCore 10000 の使い方

モバイルバッテリー本体を充電↓

Anker PowerCore 10000 の使い方

本体を充電するにはUSBが差せるACアダプタが必要になります。(別売り)

僕はiPhoneの物を使っていますが、本当ならAnkerが販売してる物の方が充電が早くて良いみたいです。(あとは製品の品質も安定するらしい)

Ankerで人気のアダプタはこちら↓

使い方に関してはとっても簡単なので迷うことはないと思います。

まとめ

色々なメーカーからモバイルバッテリーが販売されてますが、Ankerは価格がリーズナブルなのに品質が良いと言うことで口コミでも高い評価を得ています。

しかも、製品の保証が18ヵ月と長く安心して購入できるので、モバイルバッテリーを選ぶならAnker製品はおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)